保育士育成の専門学校

subpage01

保育士養成の専門学校の魅力は、たくさんありますが、最大の魅力は、所定の単位を取得し、専門学校を卒業すると、保育士の国家資格を取得できることです。

安心、信頼の保育士専門学校がどんなものかご存知ですか。

保育士は国家試験に合格することによって、取得する方法もありますが、年数回しか試験は行われておらず、すべての科目に合格するのに長期間かかってしまう人が多いです。また、近年、女性の社会進出に伴い、保育所に入れない「待機児童」が社会問題となっており、国は国策として保育施設の増加、およびそこで働く保育士の確保を最重要課題として取り組んでいます。


そのような中、私立の保育所などでは、専門学校の学生に奨学金を貸与し、卒業後、指定の保育施設で保育士として、一定の期間就労した場合、返還を免除するというように給付型に近い奨学金を設けているところもあります。さらに、資格取得後、決められた期間働くと、奨励金を出す保育施設も出てきており、有資格者を取り巻く就労環境は日に日に改善されています。



確かに、資格を取得するには、大学や短大でもできますが、大学等だと語学をはじめとした一般教養科目の履修も求めらるため、取得までに時間がかかってしまいます。一方、専門学校では保育のことを専門に学ぶので、短時間で、専門家として求められることや実践現場で必要なことをすべて学ぶことができ、卒業後は、現場の即戦力として、その学びを遺憾なく発揮することができます。



このことは自己実現にもつながります。